スキンケアに大事なのはビタミンC化粧水|肌つるんケア

洗顔している女性

乾燥肌のスキンケアの目的

費用対効果に優れます

肌を気にする女性

乾燥肌のスキンケアでは、いかに肌への刺激を抑えるかがポイントとなります。それと同時に肌のバリア機能を回復させるアプローチをしていくことが求められる訳です。こういった乾燥肌に悩む方のためのスキンケアアイテムとして意外に優秀なのが、ドラッグストアなどで販売されているケアクリームです。こういったクリームは主に製薬メーカーなどが医薬品として販売しています。 医薬品として扱われているクリームの価格は、平均すると約1500円から2000円程度です。従って、一般のブランド化粧品よりも安い価格で購入することが出来ます。皮膚科処方のクリームと同成分が含まれていることが多く、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。

角質の奥まで浸透します

医薬品として販売されている乾燥肌対策のスキンケアアイテムは、一般の化粧品に比べて浸透力の点で大きな違いがあります。角質の奥まで浸透して細胞を修復する効果を持つことから、バリア機能が低下している乾燥肌のスキンケアアイテムとして理想的な効果を発揮してくれるのです。炎症を抑える効果や血流を良くする効果がある場合も多く、肌トラブルを改善に導いてくれます。 こういったスキンケアアイテムに使用されているのが、へパリン類似物質と呼ばれる有効成分です。この物質は、皮膚科で乾燥肌の治療に処方される化粧品にも含まれています。最近では、この物質を商品に取り入れる製薬メーカーが増えており、手軽に高い効果を得られる状況となっているのです。